2017年02月09日

試験とかレポートとかその1

 最も気が重いのが採点である。つまり、学期末試験の採点・評価だ。大学の人文社会科学系の科目は単純な暗記問題とか、いわゆる正解とかはないので、問題の作成も難しいが、採点も難しい。なにしろ時間もかかるし、期待した解答からの逸脱ぶりに動揺すると同時にその評価をどうするかでまた時間を食う。おかげでこのような文章を書かないと気が滅入ってしまってどうしようもなくなってしまう。
 そしてこのような文章を書くことで次回の反省とし、もっといい問題を作るための材料にしたいのだ。
 まずは某大学でのレポート課題だ。
「現代の人権問題と優生思想」
 ふつうこういう問いを立てられたら、現代の人権問題の中にいわゆる優生思想がどういうふうにに現れているかとか、現代の人権問題を特徴づけるものに優生思想があるのではないか、というようなレポートを書くのではないだろうか。少なくとも現代の人権問題と優生思想の関係を論じようということくらいは常識的に想像がつくと思われる。
 しかし、これを「現代の人権問題」と「優生思想」と理解し、前半で現代の人権問題をあげ、後半で優生思想の説明をするというものが3分の1強にのぼった。しかも、「現代の人権問題」の5つほど列挙し、「優生思想」を6つ目くらいの位置づけで説明するものがそのほとんどであった。(と)で対等に結びついているともいいにくいのだが、それでも(と)という接続詞を使って紙面上に並べられている。当然、優生思想については数行で終わる辞書的説明程度の記述になり、論じることはまあ、無理になるということだ。
 この書き方は確かにまちがいではない。「現代の人権問題(と)優生思想」というふうに(と)という接続詞で二つの言葉をつないだ課題であったからだ。だから不合格にするわけにはいかない。何が悪いかと言えばそういう誤解を与えるような出題をした僕が悪いのだから。そうすると困ったことになるのが、「優生思想とはこれこれこういうことである」と数行書いただけのものを合格にしてしまうと僕の当初意図していたことに応えた書き方をしたものはそれ以上の評価にせざるを得ない。また、後半の記述もがんばって「優生思想とはこれこれこういうことである」にとどまらず、それなりに、つまりは10行以上の議論を展開した学生にはそれなりの高評価をせねばならなくなってしまった。
 課題の文面はよくよく吟味しなくてはならないということだ。
 
posted by 新谷恭明 at 15:32| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

新学習指導要領

 答申が出た。これに基づいて学習指導要領が変わる。今年度中に小・中学校の、今年中に2017年度中に新しい学習指導要領が出て、小学校は2020年度から、中学校は2021年度、高校は2023年度から実施するそうだ。
 少しずつ読んでおこう。長いので「概要」のほうを読む。
******************************
(『概要』本文)
第1章 これまでの学習指導要領等改訂の経緯と子供たちの現状
(前回改訂までの経緯)
・ これまで学習指導要領等は、時代の変化や子供たちの状況、社会の要請等を踏まえ、おおよそ
10年ごとに、数次にわたり改訂されてきた。
・ 平成20年に行われた前回改訂は、教育基本法の改正により明確になった教育の目的や目標を
踏まえ、知識基盤社会でますます重要になる子供たちの「生きる力」をバランス良く育んでいく
観点から見直しが行われた。
特に学力については、「ゆとり」か「詰め込み」かの二項対立を乗り越え、基礎的な知識及び
技能、思考力、判断力、表現力等及び主体的に学習に取り組む態度という学力の三要素のバラン
スのとれた育成が重視されることとなった。教育目標や内容が見直されるとともに、習得・活用・
探究という学びの過程の中で、言語活動や体験活動等を重視することとされ、そのために必要な
授業時数も確保されることとなった。

******************************************
(コメント)
いわゆる「ゆとり教育」の見直し見直し後に「言語活動」や「体験活動」を盛り込んだ経緯について説明している。まあ、言い訳ね。

posted by 新谷恭明 at 00:10| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

北清旅行記その1

 東亜同文書院の学生による報告書「北清旅行記」である。宮崎県所蔵の史料である。
まずは表紙
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


報告書
北清旅行記
  宮崎県留学生
  東亜同文書院第三年生
永井彦吉
林田 勇
-----------------------------------------------------------------------------
結了 学第十三号 無期保存   官房/五月十五日/二乙第一一九三号
供覧 知本 得二■長      係  主任
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
北清旅行記
 宮崎県留学生清国上海    永井彦吉
 東亜同文書院三年生     林田 勇
上海郊外桂墅里ノ我ガ校舎ヲ出発シタルハ四月九日午後三時招商局金利源嗎頭ニ繋留セル泰順号ニ一同便乗セシハ同四時半ナリシヤ船ハ荷積ノ都合ニテ明日出帆ト定マリタルモ蒲蓋皮鞄等一切ノ行李ハ已ニ積込リシコトナレハ本夜ハ船内ニ宿泊スルコトトナリヌ 泰順号ハ一千二百余噸荷物運送ヲ主トシ旅客ハ第二ノ目的ナレバ船室長江通ノ汽船ノ如ク清潔ナラズ待遇粗畧ナリ十日朝九時解纜シ黃浦江ノ濁流大船小艀ヲ縫フテ下ル江岸通ニ聳ユル江海北関宏壮ナル郵便会社果テハ日章旗ノ飜ヘレル奔放領事館、平素見慣レタル眼ニモ一ヶ月ほど帰来セサルコトト想ヘバ又目新ラシク最ト名残惜シキ心地ス 本船ト同時ニ各会社ノ碼頭ヲ離ルゝ汽船数多ク郵船会社ノ伏木丸ハ我泰順号ト競フテ下リ入港スル船モ又夥シキ中ニ郵船ノ春日丸アリ蓋シ長崎ヨリ来レルモノ実ニ送迎ニ遑アラズ カク此時出入多キハ潮時ノ都合ニヨルガ故ナリ右舷ニ当リテ田野雑林ノ間二三ノ洋館及民屋ヲ望ムハ即チ呉淞ナリ
posted by 新谷恭明 at 14:00| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする