2017年07月21日

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』第二章③

 さて、三つ目は日本歴史を虚偽なりとなす論だ。天皇制については「全く作為的な神話や、虚偽の歴史によつて作られたものであつて」「誤つた基礎の上に立つた天皇制は断じて維持されるべきものではない」という考えのことだ。
 この論者は「神話はその時の支配者を合理化するか、或は賛美するために作られたものである」と言うのであり、佐々木は「聖徳を景仰した人々が、その由来するところを、古代人に特有な宗教的感情をもつて伝承したものであるかも知れぬ」し、「当時の日本人の社会、生活風俗並びに日本人の考へ方そのものもあにはれてをり、この意味においては神話もまた一つの真実を伝へてゐるもの」だと反論する。
 また、「日本紀元の二千六百余年説への疑惑」「皇統の連綿性」なども「枝葉末節の問題」に過ぎないという。そして、以下のように言う。
****************************************************************
 なるほど日本の天皇は、或は始めは征服者であつたかも知れぬ。7そして被征服者の中には異民族もあつたであらうが、長き歴史の間に、婚姻やその他の同化作用によつて一つの日本民族に帰一しその民族の代表者として現れたものが天皇である。
****************************************************************
 このように天皇や民族を理解してしまえば、多少の史実のまちがいは天皇制を否定する論拠にはならないというのが佐々木の反論の趣旨である。
posted by 新谷恭明 at 16:52| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』第二章②

 で、其の二は「天皇制は悪用されるとの論」をあげている。これは「天皇制は、過去において軍閥、官僚に悪用されて来たし、将来も亦この制度が残つてゐる以上は、悪用される危険性があるから廃止せよと云ふ」論のことだ。佐々木は悪用の事実については同意する。
****************************************************************
・・・なるほど天皇制は財閥、管理用、軍閥によつて完全に悪用された。軍閥は天皇の名において、皇軍を私兵と化し、あくなき侵略と暴虐の具に供し、官僚、財閥また軍閥と結托し、天皇の名を悪用して人権の自由と平等を完膚なきまでに蹂躙し、その結果われわれは封建的な臣民としてのみ天皇に愛撫され、天皇に服従し、天皇に帰一することのみを至上の幸福とする思想に強制せられ、また議会もも天皇の名を悪用する政府や軍閥官僚によつて蹂躙されたことは、正に万人の認めるところである。
****************************************************************
 だから天皇制を廃止せよというのが打倒論者の主張であるが、佐々木は「斯くの如き牽強附会の論には絶対に同意しない」と言う。「何故ならば、凡そ如何なる存在でも善用されたり、悪用されたりするのは世の常であり、従つて悪用される危険性があるなれば、その危険性だけを除去すればよいのであつて、何も天皇制そのものを廃止するには及ばぬからである」と至極当然の論理で返すのである。
 そして、次のように結論づける。
****************************************************************
・・・・天皇大権の極度の縮減が予想される現在、かかる天皇制を維持したとしても、それは決して反動勢力の温床とはならないであらう。否、それよりも天皇制の存続によつて、国民感情の分裂を避けると共に、分派的闘争的関係にある諸政党の上に立つ、何物にも偏せざる安定勢力を持つことは、大統領制や、ソビエツト式議長制にも劣らぬ有数なる日本の民主々義的政治組織であると確信するものである。
****************************************************************
 佐々木にとって骨抜きになった天皇制は民主主義なのであった。
posted by 新谷恭明 at 19:41| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』第二章①

 第二章では「天皇制打倒論」と位置づけられるものを5つ紹介し、反論を加えている。その第一にあげられるのが「天皇制の戦争責任を追及する論」である。まずは「天皇制の打倒は、主として共産党の主張である」として、共産党に対する批判の側面を押し出してくる。共産党の言う天皇制は「天皇と、その宮廷、軍事、行政、司法の諸官僚とを含めた凡ゆる体系に亘る全国家機構」のことであり、これらが「対外的な戦争犯罪の元兇として、また国内的な戦争責任の担い手として」この天皇制を指名し、打倒しようというのだとする。
 佐々木はまず共産党は天皇と天皇制を混同しているとし、天皇の責任ならば天皇が退位すればよいのであって天皇制の廃止の理由とはならないとする。その戦争責任も、天皇の大権は大臣副書をもって成り立つので責任もその範囲内だと天皇個人の責任論を否定する。そして、「ましてこの戦争が、軍閥、官僚、財閥及び一群の政治家の独裁と、横暴とにより強行されたのであつて見れば、即ち換言すればこの戦争が、天皇制といふ本質の現れではなく、派生的な中間勢力の横暴であつて見れば、これは本質に関係なく矯正し得る筈である」と責任は戦犯たちにあるということで、天皇を養護する弁となっている。そして「徒らに反感に走り、日本民族の感情をも無視して天皇制廃止を叫ぶのは、さなきだに混乱の日本の現状を、ますます混沌の世界に導くに過ぎない」と切り捨てるのである。
posted by 新谷恭明 at 17:28| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする