2017年04月16日

教育勅語を正しく読もう


 明日の教職概論で教育勅語を学ぼうと思う。
 まずは前近代の子どもたちの育ちと学びについて考える。
次いで近代国家としての日本の子どもたちに期待された育ちと学びについて考える。ここで明治国家の教育観である教育勅語について学ぶ。そして戦後の日本国憲法下での子どもの位置づけ。競争主義社会での子ども観の変化。
高度経済成長後の子どもをめぐる環境の変化。そして現代の子どもの置かれテータ状況についての考察。
そんな形で授業を進めたい。
 ということで教育勅語を完訳しなければならなくなったので、杉浦重剛『倫理御進講草案』及び井上哲治郎『教育勅語衍義』の解釈に準拠しつつ現代語に訳出してみた。尤も、それぞれの表現の内容にまで踏み込んで両著は解説しているが、その趣旨を訳文に一言で表すのは難しい。例えば「夫婦相和し」を訳すと「夫婦仲良く」になるのかもしれないが、それでは井上、杉浦両先生は激怒されるであろう。人口に膾炙している国民道徳協会とやらの訳は「夫婦は仲むつまじく解け合い」となっているが、これもまた不誠実な訳文である。両著の解釈は夫婦の関係性を丁寧に説明している。井上は「妻ハ元ト智識才量多クハ夫ニ及バザルモノナレバ、夫ガ無理非道ヲ言ハザル限リハ、成ルベク之レニ服従シテ能ク貞節ヲ守リ」云々とある。現代語で言うと「妻はもともと知識や知能、度量はたいてい夫には及ばない。だからよほどひどいことをしない限りは夫には服従し、貞節を守るでんでん」と書いている。その関係性を現代語で表現するまでには至っていないかもしれないが、なるべくそうした碩学の解釈を生かした訳にしてみた。
 「朕」は「私」ではなく、天皇にしか使わない用語であり、杉浦重剛もかなり執拗にこのことには説明をしている。朕は天皇にしか使わない呼称なので、「天皇である私」というようなしつこいくらいの強調になってしまったが、「朕」事態にはそのくらいの重みと意味があるのだ。その文意が込められている「我ガ」などもそのように訳した。ともあれよりよい訳があればご教示願いたい。

******************************************
新谷版現代語訳
******************************************
朕(天皇である私)が考えるに、私と私の子である臣民のご先祖様がこの国を造ったのは天照大神以来の神話に由来するものであり、代々の天皇は国民に深く厚く徳を植え付けてきたということである。天皇である私の臣下である臣民は親に孝行をするように私に忠を尽くしなさい。日本は世界に類例のない素晴らしい国だ。だから、天皇の臣下である臣民はいつの時代も忠孝の道を実践してきた。そうした歴史が何より大切であり、教育の原点なのである。おまえたち、私の臣下である臣民よ、親の恩に対して孝行で報いること、兄弟は長幼の序の元に仲良くすること、そのように家族を大切にすることが国家・国力の基本となる。殊に夫婦が家を作るのであるから、それは国家の大本になるので、その関係は最も大切である。また親しい友との間には信義が必要である。謙虚であり、質素であること、自分を捨てて他人のために力を尽くすことがたいせつであり、それは国家のあり方にも通ずる。学問を学び仕事を身につけ自分の能力を高め、徳を身につけることは一家のため国家のために大切である。そして自分のためにではなく国家、社会の利益を考えよう。帝国憲法を重んじ、臣民として国法に従うこと。また、国家に危機があったときには一命をなげうって尽くさなくてはならない。そして皇室の発展のために少しでも役立つようにしなければならない。このことは天皇の臣下である臣民が今従順な臣民であることはもちろん。おまえたちの祖先がそのようにしてきたからだ。忠孝を第一に思う教えは私の先祖が遺してきた教えであり、その子孫である私と私の臣下である臣民はともに護らなければならないものである。そして忠孝の教えは今も昔も正しいし、外国でも正しい道徳のはずだ。天皇である私は私の臣下である臣民とともに決してこの教えを忘れず、だれもが同じ忠孝の教えを守ることを願うものである。



posted by 新谷恭明 at 21:37| Comment(1) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

 杉浦はこの一節の意義を「我国体は万国に卓絶し、肇国宏遠、樹徳深厚なる皇祖皇宗を奉戴する臣民は」と書き出す。それはすでに述べた冒頭の一節の繰り返しだ。ということは日本の国体が世界に類例のないすばらしいものであり、その皇祖皇宗をいただく天皇の臣下である臣民という自己評価がまずは重要だと言うことの確認である。
 「万国に卓絶」するという他国、他民族へのリスペクトの片鱗も見られないナショナリズムがどうして形成されたのか。これは課題として残しておこう。取り敢えずは趣旨を読み取つていこう。
 そして、その臣民は「心を一にして世々忠孝の道を踐み行ひ、以て国民道德の美風を発現す」と説明する。臣民は心を一つにしていつの時代も忠孝の道を実践してきた。そうして国民道德の美風を現してきたという意味だ。そして「是れ国体の華とも称す可き本質なり」、つまりそのように忠孝の道を踐み行ってきた人たちが「国体の華」なのだということだ。そのように忠孝の道を踐み行ってきたのは誰だ。
 杉浦はそのように「国体の精華を発揮せる人を神社に祀る」という。なので、日本の神社は「忠孝を完うして精華を発揮せる人を神として祀る所」なのだとする。確かにいろいろな人を神社は祀つている。杉浦はそのように神として祀られた人として藤原鎌足、和気清麻呂、楠木正成などを挙げ、「近代に於て国体の精華を発揮せし人々は靖国神社に祀らる」と解説している。
 その上で、「此の国民的精神を外にして、我邦教育の基礎無し」、即ち、忠孝の道を踐み行うということが日本の教育の基礎なのだというのである。だから「忠孝は国体の精華にして、教育の淵源は此に存す」、忠孝ということが教育の原点なのだと言うのだ。この忠孝はあくまで儒学で言うものではなく、日本独特の忠孝一体の思想である。言い換えれば、親に孝行をするように天皇に忠を尽くせという思想である。
 ということで訳文は次のようになるだろう。

日本は世界に類例のない素晴らしい国だ。だから、天皇の臣下である臣民はいつの時代も忠孝の道を踐み行ってきた。そうした歴史が何より大切であり、教育の原点なのである。
posted by 新谷恭明 at 23:31| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ
 この一節について杉浦重剛はまず忠孝について論じる。何故ならば忠と孝を別の徳として考えるのではなく、一体のものとして考えなければならないからである。杉浦は儒書を繙いて分析することはしない。儒書に記される思想は中国のものであり、杉浦は「斯かる国体なれば国民の精神も亦他国民と異ならざるを得ず」と〈中国には学ばない姿勢〉を取っている。つまり、「唯だ一時の権勢に屈服して心中不満を抱く如き他国の君臣関係とは大に其趣を異にす。日本国民の皇室に於けるは孝子の親に事ふると一なり。我国にては忠孝一本なり」(その時の権力にもんくたらたら服従するような他の国の君臣関係とは事なり、日本では忠と孝は一本なのだ)というスタンスだ。
 そして忠について論じる。杉浦は「忠とは、純粋至誠の心より天皇に仕へんとして発する高尚なる道徳的感情を謂ふ」と定義づけるのみで、以下歴史的に存在した忠臣の例を紹介することで説明している。田道間守と非時香果、和気清麻呂、楠木正成そして乃木将軍だ。
 孝について。杉浦は「孝とは至誠の心を以て子の親に事ふるを云ふ」と定義し、これを「我国固有の道徳」にしてしまう。ここでも「国体上忠孝一致にして、親に孝を尽くすは君に忠となり、君に忠たるは親に孝たり」と忠孝が一体であることを言う。重要なのは単に親孝行なのではなく、それは天皇への忠と同じだということである。その観点がなければ親孝行だけを前面に出すべきものではないのだ。
 なので、訳としては、

天皇である私の臣下である国民は親に孝行をするように私に忠を尽くしなさい。

ということであろう。
posted by 新谷恭明 at 13:00| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする