2017年04月24日

被差別者としての善きサマリア人



 4月20日のチャペルの時間はルカによる福音書の10章25節~37節、あの有名な善きサマリア人のたとえが引用されていた。話を聞きながら(話はだいぶ聖書とは異なるものだったが)、僕もまたこのたとえについて考えていた。なぜならばこの日の午後は「人権と社会」の2回目の講義で、「差別とは何か」について考えることにしていた。ただ、この回でやる内容はこの講義から外したいなとも思っていたが、悩んだ末やはりやることにしていたのだ。なぜ外したかったかというと、どうしても学術的と言うより、教訓めいた話になりがちだし、方法論的にもどうかと思うところがあるからだった。教訓めいた話は「倫理観を強要しない」というこの講義の趣旨にも反することもためらいの一つである。
 しかし、今日のチャペルの時に気づいたのだが、サマリア人とはたしかその当時の被差別民ではなかったか、ということ。司祭が登場して通り過ぎ、レビ人が登場して通り過ぎていくのに彼らについて何も説明はない。というより、この3人が、3人の人間の種類が出てくる理由は何か。それはレッテルであろう。司祭という人たちはどういう人たちか、レビ人とはどういう人たちか、そしてサマリア人とはどういう人たちか。
わざわざこれら3種類の人間を出したのには意味がある。個々の人間ではなく、その人間の属性に意味があったのだ。司祭とレビ人について説明がないのは聖書を読むものにとっては彼らのレッテルの意味が多分常識なのだろう。司祭は聖職者であり、レビ人は神を祀る幕屋の管理をするべき人たちだからだ。この二つのタイプの人たちは宗教的に特別の役割を担った人だということだ。
 これに対し、サマリア人は被差別民だ。このことは重大な意味を持っている。
 そして、この逸話の場合、教訓は、①サマリア人のしたことと ②追いはぎに襲われた男との二重の構造を持っている。つまり、①窮地にあった人を助けた人はたとえ被差別民であっても隣人だと言うこと②被差別民を助けた人が被差別民の隣人であると言うことである。
 一般的にはサマリア人が何者であれ、追い剥ぎに襲われた男を助けた人物が男の隣人だという解釈である。犬養光博氏は追いはぎに襲われた人を筑豊で出会った被差別民だという理解で自分は彼らの隣人たり得るか、と考えた。同じように、キング師は追いはぎに遭った人を黒人と見て、重症を負った黒人をいくつもの病院が受け入れを断った話を例に出し、誰も被差別者である黒人の負傷者の隣人になろうとしなかったと言ってたようです。これについては出典を確かめたいと思うが、いずれも追い剥ぎに襲われた男の隣人に君はなり得るか?という問いかけとして理解している。
 一方、マーチン・ガードナーは『奇妙な論理』においてレイシストの分析をしている(「憎悪を煽る人々―人種差別の『科学』的基礎)。ガードナーは蕩々とレイシストたちの人種差別肯定論の非科学性を論ったところで次のように記している。

 だれでもよきサマリア人のたとえ話を覚えているだろう。だが、イエスが愛されるべき真の「隣人」の例としてサマリア人を選んだのは、古代エルサレムではサマリア人が軽蔑された少数民族だったからだということを、悟る人は殆どいない。「サマリア人」のかわりに「ニグロ」をおいたときはじめて、あなたはこのたとえ話の意味を、当時キリストの言葉をきいた人々が理解したとおりに、理解するはずである。

 うむ。再び聖書を読んでみる。律法家は「では、わたしの隣人とはだれですか」とイエスに問うたのだ。そしてイエスは「さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」と 答えたのだ。そして、

律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」(37節)

 問いに対する答はまずは「君の隣人はサマリア人だ」 ということともとれる。ただ、「行って、あなたも同じようにしなさい。」というのが、「行って追い剥ぎに襲われてみろ」とは思いにくい。だから二重構造なのだろう。自分がつらいときに助けてくれる被差別民が隣人であり、つらい人を助ける時、「君はその人の隣人になれる」という答になる。
 イエスは「君も行ってそのサマリア人のように人を助けなさい」と言ったと同時に、「サマリア人(=被差別民)もまた君の隣人なのだ」と言っているのであると考えられはしないか。そうして万人への愛を説いたのだ。

※聖書が手元にない人のためにその箇所を引用しておく。
ルカによる福音書第十章二十五節~三十七節
 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」
posted by 新谷恭明 at 00:19| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

教育勅語を正しく読もう


 明日の教職概論で教育勅語を学ぼうと思う。
 まずは前近代の子どもたちの育ちと学びについて考える。
次いで近代国家としての日本の子どもたちに期待された育ちと学びについて考える。ここで明治国家の教育観である教育勅語について学ぶ。そして戦後の日本国憲法下での子どもの位置づけ。競争主義社会での子ども観の変化。
高度経済成長後の子どもをめぐる環境の変化。そして現代の子どもの置かれテータ状況についての考察。
そんな形で授業を進めたい。
 ということで教育勅語を完訳しなければならなくなったので、杉浦重剛『倫理御進講草案』及び井上哲治郎『教育勅語衍義』の解釈に準拠しつつ現代語に訳出してみた。尤も、それぞれの表現の内容にまで踏み込んで両著は解説しているが、その趣旨を訳文に一言で表すのは難しい。例えば「夫婦相和し」を訳すと「夫婦仲良く」になるのかもしれないが、それでは井上、杉浦両先生は激怒されるであろう。人口に膾炙している国民道徳協会とやらの訳は「夫婦は仲むつまじく解け合い」となっているが、これもまた不誠実な訳文である。両著の解釈は夫婦の関係性を丁寧に説明している。井上は「妻ハ元ト智識才量多クハ夫ニ及バザルモノナレバ、夫ガ無理非道ヲ言ハザル限リハ、成ルベク之レニ服従シテ能ク貞節ヲ守リ」云々とある。現代語で言うと「妻はもともと知識や知能、度量はたいてい夫には及ばない。だからよほどひどいことをしない限りは夫には服従し、貞節を守るでんでん」と書いている。その関係性を現代語で表現するまでには至っていないかもしれないが、なるべくそうした碩学の解釈を生かした訳にしてみた。
 「朕」は「私」ではなく、天皇にしか使わない用語であり、杉浦重剛もかなり執拗にこのことには説明をしている。朕は天皇にしか使わない呼称なので、「天皇である私」というようなしつこいくらいの強調になってしまったが、「朕」事態にはそのくらいの重みと意味があるのだ。その文意が込められている「我ガ」などもそのように訳した。ともあれよりよい訳があればご教示願いたい。

******************************************
新谷版現代語訳
******************************************
朕(天皇である私)が考えるに、私と私の子である臣民のご先祖様がこの国を造ったのは天照大神以来の神話に由来するものであり、代々の天皇は国民に深く厚く徳を植え付けてきたということである。天皇である私の臣下である臣民は親に孝行をするように私に忠を尽くしなさい。日本は世界に類例のない素晴らしい国だ。だから、天皇の臣下である臣民はいつの時代も忠孝の道を実践してきた。そうした歴史が何より大切であり、教育の原点なのである。おまえたち、私の臣下である臣民よ、親の恩に対して孝行で報いること、兄弟は長幼の序の元に仲良くすること、そのように家族を大切にすることが国家・国力の基本となる。殊に夫婦が家を作るのであるから、それは国家の大本になるので、その関係は最も大切である。また親しい友との間には信義が必要である。謙虚であり、質素であること、自分を捨てて他人のために力を尽くすことがたいせつであり、それは国家のあり方にも通ずる。学問を学び仕事を身につけ自分の能力を高め、徳を身につけることは一家のため国家のために大切である。そして自分のためにではなく国家、社会の利益を考えよう。帝国憲法を重んじ、臣民として国法に従うこと。また、国家に危機があったときには一命をなげうって尽くさなくてはならない。そして皇室の発展のために少しでも役立つようにしなければならない。このことは天皇の臣下である臣民が今従順な臣民であることはもちろん。おまえたちの祖先がそのようにしてきたからだ。忠孝を第一に思う教えは私の先祖が遺してきた教えであり、その子孫である私と私の臣下である臣民はともに護らなければならないものである。そして忠孝の教えは今も昔も正しいし、外国でも正しい道徳のはずだ。天皇である私は私の臣下である臣民とともに決してこの教えを忘れず、だれもが同じ忠孝の教えを守ることを願うものである。



posted by 新谷恭明 at 21:37| Comment(1) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

 杉浦はこの一節の意義を「我国体は万国に卓絶し、肇国宏遠、樹徳深厚なる皇祖皇宗を奉戴する臣民は」と書き出す。それはすでに述べた冒頭の一節の繰り返しだ。ということは日本の国体が世界に類例のないすばらしいものであり、その皇祖皇宗をいただく天皇の臣下である臣民という自己評価がまずは重要だと言うことの確認である。
 「万国に卓絶」するという他国、他民族へのリスペクトの片鱗も見られないナショナリズムがどうして形成されたのか。これは課題として残しておこう。取り敢えずは趣旨を読み取つていこう。
 そして、その臣民は「心を一にして世々忠孝の道を踐み行ひ、以て国民道德の美風を発現す」と説明する。臣民は心を一つにしていつの時代も忠孝の道を実践してきた。そうして国民道德の美風を現してきたという意味だ。そして「是れ国体の華とも称す可き本質なり」、つまりそのように忠孝の道を踐み行ってきた人たちが「国体の華」なのだということだ。そのように忠孝の道を踐み行ってきたのは誰だ。
 杉浦はそのように「国体の精華を発揮せる人を神社に祀る」という。なので、日本の神社は「忠孝を完うして精華を発揮せる人を神として祀る所」なのだとする。確かにいろいろな人を神社は祀つている。杉浦はそのように神として祀られた人として藤原鎌足、和気清麻呂、楠木正成などを挙げ、「近代に於て国体の精華を発揮せし人々は靖国神社に祀らる」と解説している。
 その上で、「此の国民的精神を外にして、我邦教育の基礎無し」、即ち、忠孝の道を踐み行うということが日本の教育の基礎なのだというのである。だから「忠孝は国体の精華にして、教育の淵源は此に存す」、忠孝ということが教育の原点なのだと言うのだ。この忠孝はあくまで儒学で言うものではなく、日本独特の忠孝一体の思想である。言い換えれば、親に孝行をするように天皇に忠を尽くせという思想である。
 ということで訳文は次のようになるだろう。

日本は世界に類例のない素晴らしい国だ。だから、天皇の臣下である臣民はいつの時代も忠孝の道を踐み行ってきた。そうした歴史が何より大切であり、教育の原点なのである。
posted by 新谷恭明 at 23:31| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ
 この一節について杉浦重剛はまず忠孝について論じる。何故ならば忠と孝を別の徳として考えるのではなく、一体のものとして考えなければならないからである。杉浦は儒書を繙いて分析することはしない。儒書に記される思想は中国のものであり、杉浦は「斯かる国体なれば国民の精神も亦他国民と異ならざるを得ず」と〈中国には学ばない姿勢〉を取っている。つまり、「唯だ一時の権勢に屈服して心中不満を抱く如き他国の君臣関係とは大に其趣を異にす。日本国民の皇室に於けるは孝子の親に事ふると一なり。我国にては忠孝一本なり」(その時の権力にもんくたらたら服従するような他の国の君臣関係とは事なり、日本では忠と孝は一本なのだ)というスタンスだ。
 そして忠について論じる。杉浦は「忠とは、純粋至誠の心より天皇に仕へんとして発する高尚なる道徳的感情を謂ふ」と定義づけるのみで、以下歴史的に存在した忠臣の例を紹介することで説明している。田道間守と非時香果、和気清麻呂、楠木正成そして乃木将軍だ。
 孝について。杉浦は「孝とは至誠の心を以て子の親に事ふるを云ふ」と定義し、これを「我国固有の道徳」にしてしまう。ここでも「国体上忠孝一致にして、親に孝を尽くすは君に忠となり、君に忠たるは親に孝たり」と忠孝が一体であることを言う。重要なのは単に親孝行なのではなく、それは天皇への忠と同じだということである。その観点がなければ親孝行だけを前面に出すべきものではないのだ。
 なので、訳としては、

天皇である私の臣下である国民は親に孝行をするように私に忠を尽くしなさい。

ということであろう。
posted by 新谷恭明 at 13:00| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ

 教育勅語が下賜されるに至ってはいわゆる徳育論争に一つの決着をつけるためであったが、杉浦重剛は明治以降の「燦爛たる文明の華を開けり」という風潮の中で、「官民共に欧風に心酔し、一も西洋二も西洋と称し」て「我が国固有の文明も、世界無比の歴史的精神も、殆ど顧みるものなく、正に思想界の危機に瀕せり」という状況を危惧したからだという。そうして「我国の歴史的精神、国体の精華、及び凡て是れより出発する国民道徳の大本を教示」したのが教育勅語なのだと位置づけている。後付けではあるがそのように位置づけることは当然のことであったと言っていいだろう。
 そして杉浦は「朕」について説明する。国民道徳協会の訳では「私は」と訳している。果たして「朕」は「私」なのだろうか。「朕と称し得らるゝものは一国に一人を限りとし、複数を許さゞるものとす」と言う。これが正しい。我々一般人が「私」と言うのとは意味が違うのである。高橋源一郎が「はい、天皇です。よろしく。」と訳したのは軽い表現になっているが、正しい。語っている主体が単なる個人である「私」ではなく、天皇であるということを示さねば正しい訳にはならない。国民道徳協会の訳はそのことを隠蔽し、あたかも天皇を私たちと同じ「日本人」だと誤解させる訳だ。
 次いで「我カ」の説明となる。杉浦はこれは複数形であり、英語ではourと訳しているとしている。そして、「『朕』と今この『我カ』との二字によりて、日本国の国体の特色を示し給ふ」と解釈する。それは「日本の一大家族制なる事を示す」と言い、家族国家観に基づくものだとする。杉浦は「先の『朕』にて皇位の犯す可からざる絶大の威力を示し、今この『我カ』にて民を赤子とする温情を示し給ふ」ということだ。なので、訳としてはこの「朕」と「赤子」の関係を示す表現を入れなくてはならないだろう。
 「皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ」についてである。「皇祖皇宗」とは「天皇陛下及日本国民の御先祖」を指すものだという。それは「太古、天照大神は高天原に君臨し玉ひ、更に此の国土を統治せしめむとの御心より、天孫瓊瓊杵尊を降し給ふ」云々という神話的歴史を認めることを前提としている。
 「徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」について杉浦はまず「樹ツル」の意義から述べる。それは「我国肇国の特色」を現し、「植付くる」の意味だという。「我国の御先祖は恰も樹木を植付くるが如く、人民に徳を植付けられたり」と言うのだ。これは「弱肉教則の法則に従ひ」国民を屈服させてきた外国とは異なり、「我日本国の天皇は」「仁愛を民の心中に深く厚く植込み給ふを以て、君臣の関係自ら牢乎として抜く可からず」即ち天皇が仁愛を民に植え込んだ、それ故に民は「悦服」つまり、心から喜んで服従するのである、という意味になる。国民道徳協会の「私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。」という訳にはこのような天皇と国民の関係は意図的に避けたとしか思えないくらい盛り込まれておらず、「道義国家」なるどこにも存在しない言葉を捏造して訳語にしている。これは教育勅語の本意に違う訳ではないか。
 「道義国家」については、問題が大きいので別に論じたい。
ともかく訳としては次のようになるだろう。

天皇である私が考えるに、私と私の子である国民の御先祖様が此の国を造ったのは天照大神以来の神話に由来するものであり、そこで天皇の仁愛を以て国民に徳を植え付けてきたということである。
posted by 新谷恭明 at 23:56| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

教育勅語をきちんと読もう

 教育二関スル勅語、通称教育勅語を無教養な大臣が誤訳ものを読んで語ったという。誤訳と言っては失礼かもしれない。国民道徳協会というそれなりの組織が責任を持って訳されたものだろうからだ。しかし、この国民道徳協会の訳であるが、例えば、冒頭の「朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」のところを「私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます」と訳している。そこからどうにもしっくりこない。なぜしっくりこないかというと「朕」と「我カ」との間の関係性が示されておらず、天皇と国民があたかも対等であるかのような表現になっている。
 また「道義国家の実現をめざして」というのは原文のどこからも読み取ることはできない。あたかも天皇制国家を否定しているかの如き感がある。そのようなものをテキストとして此の国を護る任にある防衛大臣が教育勅語を理解しているとしたならば、それは由々しき事態であるし、この訳で教育勅語を理解したものが「教育勅語にはいいことが書いてある」などと言って世間に喧伝しているのは此の国を枉げるものでしかない。
 重要なのは教育勅語を正しく読み、その上で教育勅語に対する考えを申し述べるべきではないのか。殊に国粋派と思われる人たちが、安易な口語訳に依存したり、本来教育勅語が言われんとしていることを曲解して語っていることはそもそも此の国を貶めるものであるし、教育勅語を否定している人たちも単に「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」だけに過敏に反応するようなことでは水掛け論の域を出ないのである。
 ついては手元にある杉浦重剛著『倫理御進講草案』から本来の趣意を学んでいきたいと思う。これは杉浦重剛(いまさら説明はいるまい)が「東宮殿下に奉侍して倫理を進講すべきの命を拝したる」(同著一頁「倫理御進講の趣旨」)という事情から、皇太子のために作成したテキストである。皇太子とは後の昭和天皇のことである。最初世に出たのは御進講を拝命した大正三年であり、今回参照しようとしているのは昭和13年刊行の戦時体制版である。

posted by 新谷恭明 at 11:08| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする