2017年07月20日

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』第一章

第一章は序説となっている。まずは時局の説明になる。
****************************************************************
・・・・余りにも痛ましき敗戦の現実は、しばしわれわれ国民をして茫然自失の虚脱状態に陥らしめた。然し「敗戦の贈り物」として聯合軍から与へられた民主々義日本建設の機運が台頭するにつれ、また「聖戦」の名によつて強行された今次戦争の実態が暴かれるにつれ、そしてまた敗戦の苦痛がひしひしと、われわれ国民の日常生活を圧迫するにつれて、国民の過去に対する静かな反省と、現状に対する鋭き批判とが漸次活溌となつて来た。「天皇制」に対する議論もまた、その一つの現れである。
****************************************************************
 基本的に戦争に対する後悔の念を強くしていることはまちがいない。そして「戦争中はもとより、敗戦の直後においてすら、日本人として、天皇制の問題が苟しくも国民論議の俎上に供せられるなどと予想したものが、果たして幾人あつたであらうか。」と振り返る。つまりは、この時期まで天皇制についての議論はタブーであったというのである。そしてこれが自由になったのは「一大政治革命」であり、それは「聯合国から与へられた『贈り物』であり、しかもこれは必ず受取るべき義務を有する『贈り物』なのである」と佐々木は見ている。ゆえに「天皇制の問題は、民主々義日本建設の根本命題であると共に、ポツダム宣言に規定された民主々義の枠の中で、わが国民の自由なる意思によつて決定されねばならぬことは今更云ふまでもあるまい。」と民主々義日本建設というものを大前提で論じようというのである。そして「おほらかに解放された自由な国民大衆の透明な観点から、『護持』、『打倒』両論の見解と主張とを素直に聴き、そしてそれらを冷静厳密に検討して、天皇制に対するわれわれ国民の真摯なる結論を得ようではないか」というのが、このパンフレットの趣旨となる。そして次のように第一章を締めくくっている。
****************************************************************
人民の政治組織は、その国の人民自身が選ぶので亡ければ真の民主々義とは云へない。なぜならば、われわれの組織は上から与へられるものでなく、われわれ自らが下から作り上げねばならぬからである。
****************************************************************
 なるほど、佐々木は戦後の歴史の中で民主主義者になっているのである。
posted by 新谷恭明 at 16:15| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』はしがき

「はしがき」は無署名で、「編集者しるす」とのみあるので、可能性があるとすれば発行者として名前が奥付に出てくる竹内茂なる人物かもしれない。そしてこの人物が文進社の主宰であるならば、この出版社はそれなりに政治的主張を持った出版社だったのかもしれない。
posted by 新谷恭明 at 15:31| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』を読む その2

 まずはこのパンフレットの概略から。構成は以下の様になっている。
****************************************************************
はしがき
第一章 序文
第二章 天皇制打倒論
 其の一 天皇制の戦争責任を追求する論
 其の二 天皇制は悪用されるとの論
 其の三 日本歴史を虚偽なりとなす論
 其の四 法律的主権在民を主張する論
 其の五 天皇を解放すべしとなす論
第三章 天皇制擁護論
 其の一 感情的に天皇制を支持する論
 其の二 一君万民を民主々義となす論
 其の三 主権原理から切離して支持する論
 其の四 秩序維持のために天皇制を支持する論
第四章 結語
 附録  輿論調査に現れた天皇制
****************************************************************
 戦後の天皇制をめぐる国内のさまざまな動揺を整理しているように見える。ということでゆっくり見ていこう。


posted by 新谷恭明 at 15:26| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘う 佐々木盛雄『天皇制打倒論と闘ふ』を読む その1

 教育勅語のトンデモ訳を広めた国民道徳協会そのものと思われる佐々木盛雄なる人物。この人が『天皇制打倒論と闘ふ』というパンフレットを戦後間まもない1946年6月に刊行している。発行元である文進社がどういう出版社であるかよくはわからないが、日本橋蛎殻町に住所を置き、戦前から出版活動をしていた。
 このパンフレットは、全部で41頁のコンパクトなものである。
天皇制打倒論と闘ふ.jpg『天皇制打倒論と闘ふ』
 佐々木盛雄の略歴を同書掲載のままに記すと以下のようになる。
****************************************************************
 兵庫県出身。昭和七年東京外国語学校卒、報知新聞社入社、海外特派員、政治記者として外交問題を担当。同社の讀賣新聞との合併に反対して昭和十六年退社、日本外政協会部長就任。大東亜戦争勃発後海軍省、情報局嘱託依嘱、昭和二十年十二月自由新聞編輯局長就任、翌三月退社。政治、外交評論家。
****************************************************************

posted by 新谷恭明 at 12:52| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

衛生唱歌 楽譜

楽譜を忘れていた。
衛生唱歌衛生唱歌楽譜.png
posted by 新谷恭明 at 15:46| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

衛生唱歌二段

それでは二段
****************************************************************
人万物(ひとばんぶつ)の 霊として
忠孝二道を ふまんには
幼きときより 心して
左(さ)の法則を 守るべし
よるは八時に ねまに入り
朝は七時に とこをいで
よく口すすぎ 眼を洗ひ
顔を拭ひて 髪をとけ
食は必ず よくかみて
静(しずか)に 咽(のど)に のみ下(く)だせ
湯漬茶漬を 食すれば
消化を損ふ ものと知れ
余りに熱き 湯茶のむな
氷の如きも 亦わろし
熱したる身に 水飲めば
風ひくことの あるぞかし
****************************************************************
歌なのに「左の法則」と来た。やはり三島は音楽の専門ではないと見える。しかし、健康的な生活習慣も「忠孝二道」を踏むためのこと。教育勅語はそうでなくてはならないのだ。まあ、生活習慣だけに関しては「いいことが書いてある」のだ。子どもたち、早く寝なさい。
posted by 新谷恭明 at 15:36| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする