2017年02月09日

試験とかレポートとかその2

 試験問題についても設問には注意が必要であろう。学生諸君は講義中に学んだことと試験問題を全く別のことと考えているようなのだ。これはどことは言わない某大学の話。講義中に哲学的に教育と文化を論じた論文を解釈し、家族史の概要を説明し、学校論や識字論を講じた。そんな中で出てきた用語を枠の中にポンと散りばめ、そのうちの2語以上を使って教育について、自由に論ぜよという問題を作った。だから枠の中には、〈文化、子ども、ジェンダー、幻想、言語、欲望、近代家族、夜間中学、分節化、卓袱台、団欒、学校化、自然〉といった単語が並び、これらを使って何か論ぜよという問題なのだ。恐らく講義で触れた文化論や近代家族論、はたまた学校論などに切り込むようなことを書いてくるかと思ったが、これも大失敗であった。
 なんとも自由にそれらの単語をついばみながら論旨の定まらないものを書かれてしまったのだ。講義中の議論は全く登場しない。文章としてのつじつまはあわず、お題としてそれらの単語が使われただけであった。たぶん何の学びにもなっていない。枠内の単語が使われ、一応文章になっていれば(一応、である)問題ないでしょう、という解答ばかりが出てくる。誰一人講義で何を学んだか振り返ろうとはしていない。持ち込み自由だから、何を学んだかを振り返るだけでいい答えがかけるはずなのに、わざわざそれとは遠い作文をしてくれたのだ。あまりに愉快なので紹介したいが、やめておく。
「いったい何の試験だと思っているのだ!」
と問いたくなったが、これはこういう問題を出した僕のミスである。学生諸君はまちがっていない。問いで問われたとおりのことをしただけで、出題者の意を汲まなかっただけに過ぎない。それは出題者の意を説明しなかった出題者が悪かったということになる。それらの単語を使ってともかく作文になっていればいい、と解釈されて、「そうじゃない」という根拠はどこにもないもんなあ。
 ここでも深い反省。問題の説明は叮嚀に。これでもかというほど叮嚀にしなければならないということだ。
posted by 新谷恭明 at 15:50| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする

試験とかレポートとかその1

 最も気が重いのが採点である。つまり、学期末試験の採点・評価だ。大学の人文社会科学系の科目は単純な暗記問題とか、いわゆる正解とかはないので、問題の作成も難しいが、採点も難しい。なにしろ時間もかかるし、期待した解答からの逸脱ぶりに動揺すると同時にその評価をどうするかでまた時間を食う。おかげでこのような文章を書かないと気が滅入ってしまってどうしようもなくなってしまう。
 そしてこのような文章を書くことで次回の反省とし、もっといい問題を作るための材料にしたいのだ。
 まずは某大学でのレポート課題だ。
「現代の人権問題と優生思想」
 ふつうこういう問いを立てられたら、現代の人権問題の中にいわゆる優生思想がどういうふうにに現れているかとか、現代の人権問題を特徴づけるものに優生思想があるのではないか、というようなレポートを書くのではないだろうか。少なくとも現代の人権問題と優生思想の関係を論じようということくらいは常識的に想像がつくと思われる。
 しかし、これを「現代の人権問題」と「優生思想」と理解し、前半で現代の人権問題をあげ、後半で優生思想の説明をするというものが3分の1強にのぼった。しかも、「現代の人権問題」の5つほど列挙し、「優生思想」を6つ目くらいの位置づけで説明するものがそのほとんどであった。(と)で対等に結びついているともいいにくいのだが、それでも(と)という接続詞を使って紙面上に並べられている。当然、優生思想については数行で終わる辞書的説明程度の記述になり、論じることはまあ、無理になるということだ。
 この書き方は確かにまちがいではない。「現代の人権問題(と)優生思想」というふうに(と)という接続詞で二つの言葉をつないだ課題であったからだ。だから不合格にするわけにはいかない。何が悪いかと言えばそういう誤解を与えるような出題をした僕が悪いのだから。そうすると困ったことになるのが、「優生思想とはこれこれこういうことである」と数行書いただけのものを合格にしてしまうと僕の当初意図していたことに応えた書き方をしたものはそれ以上の評価にせざるを得ない。また、後半の記述もがんばって「優生思想とはこれこれこういうことである」にとどまらず、それなりに、つまりは10行以上の議論を展開した学生にはそれなりの高評価をせねばならなくなってしまった。
 課題の文面はよくよく吟味しなくてはならないということだ。
 
posted by 新谷恭明 at 15:32| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

「人権と社会」試験

「人権と社会」の試験が終了。

これが2016年度「人権と社会」学期末試験問題です。試験をしたのは7月27日(水)と7月29日(金)。講義期間中に行うのはこの試験自体がまだ授業であるということ。
偶然かもしれないが、26日未明に相模原市の障害者施設で前代未聞の大量殺人事件が起きた。犯人の言い分は将にこの試験問題に出したヒトラーのT4作戦と同じ思想。そして、自民党の支援組織自民党ネットサポーターズクラブの会員を自称するやつがこの事件の犯人と同じ障害者観(T4作戦に通じる考え)を持っていることを堂々と宣言している。当該クラブはそうした考えを真っ向から否定しているが、そうした臭いを漂わせている人たちが安倍自民党の周辺にうろちょろしていることは確かだ。

http://lite-ra.com/2016/07/post-2459.html

学生たちが試験問題がこの事件を説明しているということに気づいてくれればいいのだが。
posted by 新谷恭明 at 02:01| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

九州大学日本教育史学期末試験

いよいよ九大最後の日だ。教場試験といって、今日は定期試験枠ではなく、授業時間内に試験をする。それで、これが二〇一六年度前期『日本教育史』試験問題.pdfだ。
posted by 新谷恭明 at 11:39| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

抜き打ち小テスト

 「人権と社会」では学生に毎回課題を出しているが、どうにも課題を自分の頭で受け止めてむ、考えて提出しているとは思えない。で、今週は思い切って抜き打ちの小テストにした。
 試験なので、以下の点を守ること。
1.試験なので一人でやってはいけない。何人かで相談すること。
2.試験なので、静かにしてはいけない。わいわい話し合おう。3.試験なので、机の上にものを置こう。何でも取り出して参考にしよう。
 適当にグループを作ってもらった。仲良しグループだ。孤独に受講していた人は無理矢理くっつけてみた。2人~5人グループとなった。なかなか熱心に議論は進んでいるが、グループのメンバーかそろって、
「わからない」
というところもあった。そういうところはそろって、
「全滅」
と相成った次第だ。
 試験は筆記試験だ。書き方についての説明をする。
「配付資料や、板書やらに書いてあることをつなぎ合わせて書く人もいるけど、それはそこそこ点を取ることもあるようだけど、切り貼りしただけで自分ではわかっていない。なので、
「この講義を受けていないお友だちにわかるように説明してください」
と伝える。
 これが難しい。例えば「嵐」についてよく事情のわからない僕が一夜漬けでウィキペディアに書いてあることをまとめて説明してもぎこちない説明にしかならないだろう。しかし、「嵐」のファンならウィキペディアとはちがうことを熱っぽく語るに違いない。そのように自分の知識にしていこう。
 まあ、試験だからそう簡単にはいかない。文章を書く力というのは書く練習をしないと上達しない。しばしば見るのは学校の先生であっても文章を書けない人が多々いる。
 日頃、文章を書いているようでいて、実はきちんと書いていないことが多いのだ。日常的な思いを書くことには慣れていても、論理的に思考をまとめることはしていないのだろう。
 学生諸君は試験の答案と、ラインの書き込みくらいしか書いてきていないし、その試験の答案自体が正解を写すことであるかもしれないが、自分の思惟を表現するものではなかったはずだ。昨今珍しくはなくなった「小論文」もその指導は定番の型にはめる方法だ。うむ、思えばこれは日本の教育の百年来の課題であったな。
posted by 新谷恭明 at 16:40| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

西南女学院

 さて、4月から西南女学院大学に勤めることになった。それで、担当するのはまず「教職概論」と「教育方法論」だ。いずれも本格的にやるのは初めてなので緊張はしているが、学生諸君が教職に関心を持ってもらえるような講義にしたい、と考えている。
posted by 新谷恭明 at 10:47| Comment(0) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする