2017年07月26日

試験ではなくふりかえり

 前期の講義日程が終わりつつある。「教育方法論」(3年生)、「教職概論」(2年生)については授業期間内に評価のためのデータ収集をおこなった。試験は来週から定期試験期間に入るのだが、教職課程担当としては学生の負担を分散するというやさしさから、授業期間中に成績評価のためのデータを集めることにしている。昨年度は4題ほど問題を出して書かせていたが、これからの学生に獲得してもらいたいのは以下の資質・能力であると中央教育審議会では申している(「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」平成28年12月21日)。
①「何を理解しているか、何ができるか(生きて働く「知識・技能」の習得)」
②「理解していること・できることをどう使うか(未知の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力等」の育成)」
③「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力・人間性等」の涵養)」
 まあ、初等中等教育の目指す資質・力量だから、大学生なら当然持っていなければならないものだ。
 で、今年はそのように変えてみた。
「教職概論」ふりかえり課題
教職概論」振り返り用紙

「教育方法論」ふりかえり課題
「教育方法論」振り返り用紙

A4で印刷するとおおむねぶたさんの鼻先で原稿用紙2枚程度になる。ちょっとした小論文問題だ。
そして時間は講義時間終了までとりあえずやってもらった。で、ぶたさんの鼻先に達していない学生及び提出するにはまだ不満足な学生は後で提出してもいいということにした。おもしろいことに3年生に持ち越しが多く2年生にはごくわずかしかいなかったことである。
さらに課題の紙には余白を多くし、自由に使っていいと言ったにもかかわらず、そそくさと書き始める学生が大半であった。それだけの長文を書くのに構想無し、構成の検討無しに書くというのは乱暴だな、と感じた。今後の課題だろう。
 しかし、読むのは辛い。いろんな意味で。
posted by 新谷恭明 at 16:12| Comment(2) | 講義日誌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも思うのですが解答用紙の、罫線の巾がかなり狭いと思います。
この巾だと、私のように手が不自由な者や、弱視などの方は、
巾の中に文字を入れることだけでも、大変な苦労を伴います。
どの文字サイズで書くことを検討なさっているのか、わかりませんが、
手が不自由とか、弱視などは、一見すると健常者だと思われがちですが、
この解答用紙の、狭い巾には、そこに文字を入れるという努力だけでも
時間がかなりかかります。
 できれば、もっと生徒が書きやすく、先生が読みやすい文字の大きさを考慮して、
罫線の巾を、もう少し広げていただくと、いろいろな方が助かるとおもいます。
Posted by 久米祐子 at 2017年08月02日 08:57
相手を見てしていることです。一般公開の用紙ではありません。重要なのは互いの関係性です。
Posted by 新谷恭明 at 2017年09月16日 17:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください