2017年03月19日

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

 杉浦はこの一節の意義を「我国体は万国に卓絶し、肇国宏遠、樹徳深厚なる皇祖皇宗を奉戴する臣民は」と書き出す。それはすでに述べた冒頭の一節の繰り返しだ。ということは日本の国体が世界に類例のないすばらしいものであり、その皇祖皇宗をいただく天皇の臣下である臣民という自己評価がまずは重要だと言うことの確認である。
 「万国に卓絶」するという他国、他民族へのリスペクトの片鱗も見られないナショナリズムがどうして形成されたのか。これは課題として残しておこう。取り敢えずは趣旨を読み取つていこう。
 そして、その臣民は「心を一にして世々忠孝の道を踐み行ひ、以て国民道德の美風を発現す」と説明する。臣民は心を一つにしていつの時代も忠孝の道を実践してきた。そうして国民道德の美風を現してきたという意味だ。そして「是れ国体の華とも称す可き本質なり」、つまりそのように忠孝の道を踐み行ってきた人たちが「国体の華」なのだということだ。そのように忠孝の道を踐み行ってきたのは誰だ。
 杉浦はそのように「国体の精華を発揮せる人を神社に祀る」という。なので、日本の神社は「忠孝を完うして精華を発揮せる人を神として祀る所」なのだとする。確かにいろいろな人を神社は祀つている。杉浦はそのように神として祀られた人として藤原鎌足、和気清麻呂、楠木正成などを挙げ、「近代に於て国体の精華を発揮せし人々は靖国神社に祀らる」と解説している。
 その上で、「此の国民的精神を外にして、我邦教育の基礎無し」、即ち、忠孝の道を踐み行うということが日本の教育の基礎なのだというのである。だから「忠孝は国体の精華にして、教育の淵源は此に存す」、忠孝ということが教育の原点なのだと言うのだ。この忠孝はあくまで儒学で言うものではなく、日本独特の忠孝一体の思想である。言い換えれば、親に孝行をするように天皇に忠を尽くせという思想である。
 ということで訳文は次のようになるだろう。

日本は世界に類例のない素晴らしい国だ。だから、天皇の臣下である臣民はいつの時代も忠孝の道を踐み行ってきた。そうした歴史が何より大切であり、教育の原点なのである。
posted by 新谷恭明 at 23:31| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください