2017年03月18日

教育勅語をきちんと読もう

 教育二関スル勅語、通称教育勅語を無教養な大臣が誤訳ものを読んで語ったという。誤訳と言っては失礼かもしれない。国民道徳協会というそれなりの組織が責任を持って訳されたものだろうからだ。しかし、この国民道徳協会の訳であるが、例えば、冒頭の「朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」のところを「私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます」と訳している。そこからどうにもしっくりこない。なぜしっくりこないかというと「朕」と「我カ」との間の関係性が示されておらず、天皇と国民があたかも対等であるかのような表現になっている。
 また「道義国家の実現をめざして」というのは原文のどこからも読み取ることはできない。あたかも天皇制国家を否定しているかの如き感がある。そのようなものをテキストとして此の国を護る任にある防衛大臣が教育勅語を理解しているとしたならば、それは由々しき事態であるし、この訳で教育勅語を理解したものが「教育勅語にはいいことが書いてある」などと言って世間に喧伝しているのは此の国を枉げるものでしかない。
 重要なのは教育勅語を正しく読み、その上で教育勅語に対する考えを申し述べるべきではないのか。殊に国粋派と思われる人たちが、安易な口語訳に依存したり、本来教育勅語が言われんとしていることを曲解して語っていることはそもそも此の国を貶めるものであるし、教育勅語を否定している人たちも単に「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」だけに過敏に反応するようなことでは水掛け論の域を出ないのである。
 ついては手元にある杉浦重剛著『倫理御進講草案』から本来の趣意を学んでいきたいと思う。これは杉浦重剛(いまさら説明はいるまい)が「東宮殿下に奉侍して倫理を進講すべきの命を拝したる」(同著一頁「倫理御進講の趣旨」)という事情から、皇太子のために作成したテキストである。皇太子とは後の昭和天皇のことである。最初世に出たのは御進講を拝命した大正三年であり、今回参照しようとしているのは昭和13年刊行の戦時体制版である。

posted by 新谷恭明 at 11:08| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください