2017年03月10日

本を読まない大学生

2月24日付の朝日新聞に次のような記事が載っていた。
****************************************************************
 1日の読書時間が「0分」の大学生は約5割に上る――。全国大学生活協同組合連合会(東京)が行った調査でこんな実態が明らかになった。一方、スマートフォンの利用時間は増えた。調査は毎年行っており、全国の国公私立大学30校の学生1万155人が回答した。
 1日の読書時間が「ゼロ」と回答したのは49.1%で、現在の方法で調査を始めた2004年以降、最も高かった。平均時間も24.4分(前年比4.4分減)で、04年以降で一番少なかった。読書の時間が減る一方で、スマートフォンの1日あたりの平均利用時間は161.5分と、前年より5.6分増えた。
****************************************************************
 1日の読書時間ゼロがほぼ大学生の半分。2004年以降の最高値だという。しかし、驚くべきことだろうか。
 これは全国大学生協連合会の調査によるものだ。データはHPを見ればいい。

http://www.univcoop.or.jp/press/life/report.html

 読書時間に関しては2004年度からのデータのようだが、それでも13年間の変化は見て取れる。読書時間ゼロという数値と30分以下の数値を足すとほぼ50%前後で推移してきた。この読書時間の表を見るといい。生協HPの【図表20】から作成したのだが、「30分も読まない学生」の数は一貫してあまり変わらなかった。変わったのはこの1~2年だということだ。上昇傾向はこの5年くらい見られなくはないが、急に変化している現象であり、まあ、「ゆとり世代」と重ねてみる安直な分析がしやすいのかもしれない。
 しかし、2010年にはゼロの学生は最低値を示していたことを考えれば、早急に答えを出せる数字ではないと思われる。学生が本を読まないことを嘆くのは今にはじまったことではない。1960年8月30日付の朝日新聞のコラム「季節風」では「近頃の青少年は本を読まなくなったというのが、むしろ定評のようになっているが、はたしてどうであろうか?」と書き出している。この疑問文の書き方は逆説的であり、「世間で言われる以上には読んでいる」という答えを想定しているのだろう。いずれにせよ、60年安保を闘った先輩諸氏には不本意な言いがかりに聞こえるだろう。
 現在の大学生の親くらいになるのだろうか、1985年1月29日の朝日新聞では「意外!?学生は本が好き」というタイトルの記事を掲載している。先述のデータを出した大学生協連合会の調査を元にした記事だ。大学生の読書に対する意欲は高く、一日の読書時間は56分と「81年の48分を底に、少しずつふえてきている」とまとめている。この評価に対し、中野収(法政大学教授)は「学生は専門書を自力で読もうとしない」「60年代までは、大学生は大衆的なスタイルを持ちながら、専門書も読んだ。高級な本と大衆的な本とが両立した幸福な時代が70年の紛争を境に崩れている」と感想を述べ、安江良介(『世界』編集長)は「将来のテクノロジーの命運を担っているはずの理科系の学生の間で、読書は必要ないという傾向は強まっている」と読書無用論の登場を指摘し、「二、三十年先を考えると、こわいことではないか」と怯えているが、三十年後の現在いかがであろうか。
 ただし、この間に、1985年の大学進学率37.6%が56.6%へと20ポイント近く増大していることを忘れてはならない。ちなみに1960年の大学進学率は10.3%に過ぎない。この数値を同じ読書層としてカウントすることはおそらくまちがいであろう。仮に1960年の大学生のうち読書時間30分未満の者がほとんどいなかったとしても、当時の学生は現在の学生の20%に過ぎない。ということは最近の本を読まない大学生とは1960年当時は大学に進学しなかった青少年の問題であり、1985年ですら半分くらいに割り引いてあげなければならないのである。
 さらにそれに加えて「本なんか読む暇があるなら、その間に受験勉強をしろ」というようなかつてはなかったアホな教師による受験指導がまかり通り、そうした指導を受けた生徒たちがもっとアホな教師となってそれをより確信を持ったものとして子どもたちに伝えている現在の教育状況である。そういう状況をかいくぐっての学生諸君は、まだがんばっているとは言えまいか。
 もう少し突っ込むと、60分以上本を読む大学生は20%程度はいる。56.6%のうちの20%は率で言えば1960年頃の大学進学率に相当するし、60分というのは1985年の大学生の平均読書時間を上まわっている。大学生についてはそんなに心配する必要はないのではないだろうか。読むやつは読んでいるのだから。問題は先ほども書いたように、「読むな」という指導をする教員が増えてくることや、読書を強いる訳知り大人の横暴だろう。「本を読め、近頃の若い者は本を読まないからダメなんだ」というようなことをしたり顔で言われて楽しく読書生活に入れるであろうか。そんな訳知り大人たちも若い頃は「本を読まない」だの、「軽い本しか読まねぇな」という悪口を言われ続けてきた。もっと本を読んだら面白いぞ、という風潮を若者たちと共有すべきではないか。

 ついでに。どうせ言うのならば、日本国民の読書時間について議論すべき時期に来ているのではないだろうか。大学生はもはや日本の先端の〈知〉を測定するモノサシにはならないからである。

 参考までに。書籍の出版点数は増えているが、部数は1990年代から減少の傾向にあることが関係団体のでデータでわかる。書籍の生産意欲は増しているのだが、なかなか売れないというのが現状なのだろう。
http://www.1book.co.jp/003191.html

 
posted by 新谷恭明 at 15:59| Comment(0) | 研究雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください