2016年12月27日

北清旅行記その1

 東亜同文書院の学生による報告書「北清旅行記」である。宮崎県所蔵の史料である。
まずは表紙
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


報告書
北清旅行記
  宮崎県留学生
  東亜同文書院第三年生
永井彦吉
林田 勇
-----------------------------------------------------------------------------
結了 学第十三号 無期保存   官房/五月十五日/二乙第一一九三号
供覧 知本 得二■長      係  主任
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
北清旅行記
 宮崎県留学生清国上海    永井彦吉
 東亜同文書院三年生     林田 勇
上海郊外桂墅里ノ我ガ校舎ヲ出発シタルハ四月九日午後三時招商局金利源嗎頭ニ繋留セル泰順号ニ一同便乗セシハ同四時半ナリシヤ船ハ荷積ノ都合ニテ明日出帆ト定マリタルモ蒲蓋皮鞄等一切ノ行李ハ已ニ積込リシコトナレハ本夜ハ船内ニ宿泊スルコトトナリヌ 泰順号ハ一千二百余噸荷物運送ヲ主トシ旅客ハ第二ノ目的ナレバ船室長江通ノ汽船ノ如ク清潔ナラズ待遇粗畧ナリ十日朝九時解纜シ黃浦江ノ濁流大船小艀ヲ縫フテ下ル江岸通ニ聳ユル江海北関宏壮ナル郵便会社果テハ日章旗ノ飜ヘレル奔放領事館、平素見慣レタル眼ニモ一ヶ月ほど帰来セサルコトト想ヘバ又目新ラシク最ト名残惜シキ心地ス 本船ト同時ニ各会社ノ碼頭ヲ離ルゝ汽船数多ク郵船会社ノ伏木丸ハ我泰順号ト競フテ下リ入港スル船モ又夥シキ中ニ郵船ノ春日丸アリ蓋シ長崎ヨリ来レルモノ実ニ送迎ニ遑アラズ カク此時出入多キハ潮時ノ都合ニヨルガ故ナリ右舷ニ当リテ田野雑林ノ間二三ノ洋館及民屋ヲ望ムハ即チ呉淞ナリ
posted by 新谷恭明 at 14:00| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください