2014年06月26日

国民学校要項⑨理数科理科

第三 理数科理科
 一、理数科理科ノ目的
  理数科理科ハ自然界ノ事物現象竝ニ自然ノ理法ト其ノ応用ニ関シ国民生活
  ニ須要ナル普通ノ知識ヲ得シメ科学的処理ノ方法ヲ会得セシメ科学的精神
  ヲ涵養スルコト
 二、理数科理科ノ教材
  初等科ニ於テハ児童ノ環境ニ於ケル自然ノ観察ヨリ始メ日常普通ノ自然物
  自然現象其ノ相互竝ニ人生トノ関係人体生理及自然ノ理法ト其ノ応用ニ関
  スル事項ヲ授クルコト
  高等科ニ於テハ其ノ程度ヲ進メ産業・国防・災害防止・家事ニ関スル事項
  ヲモ授クルコト
 三、理数科理科教授ノ方針
  (一)自然ニ親シミ自然ヨリ直接ニ学ブノ態度ヲ養フコト
  (二)植物ノ栽培、動物ノ飼育ヲナサシメ生物愛育ノ念ニ培フト共ニ継続
   的ノ観察実験ニヨリテ持久的ニ研究スル態度ヲ養フコト
  (三)実地ノ観察ヲ重視スルト共ニ標本・模型・絵画・映画等ヲ利用シ理
   会ヲ助クルコト
  (四)人体生理ニ関聯シテ日常ノ衛生竝ニ国民保健ノ必要ナル所以ヲ知ラ
   シメ体錬科ト相俟チテ其ノ実践ニ力メシムルコト
  (五)芸能科工作ト相俟チテ器械器具ノ取扱ニ慣レシメ科学的技能ノ修練
   ニ力メシムルコト
  (六)自然界ニ於ケル事物現象ノ理会ニ力メ進ンデ自然ノ妙趣ト恩恵トヲ
   感得セシムルニ力ムルコト
posted by 新谷恭明 at 22:36| Comment(2) | 研究ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎回、「かいほう」の羅針盤を読ませていただいてます。本当に毎回毎回、あきれる文章をかくなあ、と思っています。
算数が「戦争で生まれた教科」ということで、嫌味っぽく最後を締めくくっています。戦争から生まれた教科の算数を一生懸命勉強して、数学の道を探求し、今のスパコンの成果が表れていると思うのは、間違いでしょうか。そして、戦争で生まれた現在の日本国憲法なら、即刻憲法改正を急がなくてはいけませんね。
Posted by ゆきお みしま at 2014年06月27日 14:40
 「ゆきお みしま」さま。羅針盤を愛読していただいてありがとうございます。算数は子どもたちの生活に結びついた学びを意識した教科です。数学の道を究める人材が算数学習から生まれたというのはまちがいではありません。しかし、それ以上に日常生活で数的処理に困らない多くの国民を育てているというところに算数の重要な意味があります。
 日本国憲法は「戦争で生まれた」のではなく「敗戦によって生まれた」のです。それで作られた国家の形が気に入らないのならば、変えることは必要でしょう。なにしろアメリカの占領下で作られたのですから。
 その場合、どういう国家像にするべきかについては国民の中での議論が必要なのは言うまでもありません。但し、アメリカの顔色を窺いながら憲法を変えるのはまた同じ道(=アメリカの支配下)を歩むことになるので慎重に考えたいと思っています。僕自身は改憲派です。
Posted by 新谷恭明 at 2014年09月23日 23:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください