2017年03月19日

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス

 杉浦はこの一節の意義を「我国体は万国に卓絶し、肇国宏遠、樹徳深厚なる皇祖皇宗を奉戴する臣民は」と書き出す。それはすでに述べた冒頭の一節の繰り返しだ。ということは日本の国体が世界に類例のないすばらしいものであり、その皇祖皇宗をいただく天皇の臣下である臣民という自己評価がまずは重要だと言うことの確認である。
 「万国に卓絶」するという他国、他民族へのリスペクトの片鱗も見られないナショナリズムがどうして形成されたのか。これは課題として残しておこう。取り敢えずは趣旨を読み取つていこう。
 そして、その臣民は「心を一にして世々忠孝の道を踐み行ひ、以て国民道德の美風を発現す」と説明する。臣民は心を一つにしていつの時代も忠孝の道を実践してきた。そうして国民道德の美風を現してきたという意味だ。そして「是れ国体の華とも称す可き本質なり」、つまりそのように忠孝の道を踐み行ってきた人たちが「国体の華」なのだということだ。そのように忠孝の道を踐み行ってきたのは誰だ。
 杉浦はそのように「国体の精華を発揮せる人を神社に祀る」という。なので、日本の神社は「忠孝を完うして精華を発揮せる人を神として祀る所」なのだとする。確かにいろいろな人を神社は祀つている。杉浦はそのように神として祀られた人として藤原鎌足、和気清麻呂、楠木正成などを挙げ、「近代に於て国体の精華を発揮せし人々は靖国神社に祀らる」と解説している。
 その上で、「此の国民的精神を外にして、我邦教育の基礎無し」、即ち、忠孝の道を踐み行うということが日本の教育の基礎なのだというのである。だから「忠孝は国体の精華にして、教育の淵源は此に存す」、忠孝ということが教育の原点なのだと言うのだ。この忠孝はあくまで儒学で言うものではなく、日本独特の忠孝一体の思想である。言い換えれば、親に孝行をするように天皇に忠を尽くせという思想である。
 ということで訳文は次のようになるだろう。

日本は世界に類例のない素晴らしい国だ。だから、天皇の臣下である臣民はいつの時代も忠孝の道を踐み行ってきた。そうした歴史が何より大切であり、教育の原点なのである。
posted by 新谷恭明 at 23:31| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ
 この一節について杉浦重剛はまず忠孝について論じる。何故ならば忠と孝を別の徳として考えるのではなく、一体のものとして考えなければならないからである。杉浦は儒書を繙いて分析することはしない。儒書に記される思想は中国のものであり、杉浦は「斯かる国体なれば国民の精神も亦他国民と異ならざるを得ず」と〈中国には学ばない姿勢〉を取っている。つまり、「唯だ一時の権勢に屈服して心中不満を抱く如き他国の君臣関係とは大に其趣を異にす。日本国民の皇室に於けるは孝子の親に事ふると一なり。我国にては忠孝一本なり」(その時の権力にもんくたらたら服従するような他の国の君臣関係とは事なり、日本では忠と孝は一本なのだ)というスタンスだ。
 そして忠について論じる。杉浦は「忠とは、純粋至誠の心より天皇に仕へんとして発する高尚なる道徳的感情を謂ふ」と定義づけるのみで、以下歴史的に存在した忠臣の例を紹介することで説明している。田道間守と非時香果、和気清麻呂、楠木正成そして乃木将軍だ。
 孝について。杉浦は「孝とは至誠の心を以て子の親に事ふるを云ふ」と定義し、これを「我国固有の道徳」にしてしまう。ここでも「国体上忠孝一致にして、親に孝を尽くすは君に忠となり、君に忠たるは親に孝たり」と忠孝が一体であることを言う。重要なのは単に親孝行なのではなく、それは天皇への忠と同じだということである。その観点がなければ親孝行だけを前面に出すべきものではないのだ。
 なので、訳としては、

天皇である私の臣下である国民は親に孝行をするように私に忠を尽くしなさい。

ということであろう。
posted by 新谷恭明 at 13:00| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ

 教育勅語が下賜されるに至ってはいわゆる徳育論争に一つの決着をつけるためであったが、杉浦重剛は明治以降の「燦爛たる文明の華を開けり」という風潮の中で、「官民共に欧風に心酔し、一も西洋二も西洋と称し」て「我が国固有の文明も、世界無比の歴史的精神も、殆ど顧みるものなく、正に思想界の危機に瀕せり」という状況を危惧したからだという。そうして「我国の歴史的精神、国体の精華、及び凡て是れより出発する国民道徳の大本を教示」したのが教育勅語なのだと位置づけている。後付けではあるがそのように位置づけることは当然のことであったと言っていいだろう。
 そして杉浦は「朕」について説明する。国民道徳協会の訳では「私は」と訳している。果たして「朕」は「私」なのだろうか。「朕と称し得らるゝものは一国に一人を限りとし、複数を許さゞるものとす」と言う。これが正しい。我々一般人が「私」と言うのとは意味が違うのである。高橋源一郎が「はい、天皇です。よろしく。」と訳したのは軽い表現になっているが、正しい。語っている主体が単なる個人である「私」ではなく、天皇であるということを示さねば正しい訳にはならない。国民道徳協会の訳はそのことを隠蔽し、あたかも天皇を私たちと同じ「日本人」だと誤解させる訳だ。
 次いで「我カ」の説明となる。杉浦はこれは複数形であり、英語ではourと訳しているとしている。そして、「『朕』と今この『我カ』との二字によりて、日本国の国体の特色を示し給ふ」と解釈する。それは「日本の一大家族制なる事を示す」と言い、家族国家観に基づくものだとする。杉浦は「先の『朕』にて皇位の犯す可からざる絶大の威力を示し、今この『我カ』にて民を赤子とする温情を示し給ふ」ということだ。なので、訳としてはこの「朕」と「赤子」の関係を示す表現を入れなくてはならないだろう。
 「皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ」についてである。「皇祖皇宗」とは「天皇陛下及日本国民の御先祖」を指すものだという。それは「太古、天照大神は高天原に君臨し玉ひ、更に此の国土を統治せしめむとの御心より、天孫瓊瓊杵尊を降し給ふ」云々という神話的歴史を認めることを前提としている。
 「徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」について杉浦はまず「樹ツル」の意義から述べる。それは「我国肇国の特色」を現し、「植付くる」の意味だという。「我国の御先祖は恰も樹木を植付くるが如く、人民に徳を植付けられたり」と言うのだ。これは「弱肉教則の法則に従ひ」国民を屈服させてきた外国とは異なり、「我日本国の天皇は」「仁愛を民の心中に深く厚く植込み給ふを以て、君臣の関係自ら牢乎として抜く可からず」即ち天皇が仁愛を民に植え込んだ、それ故に民は「悦服」つまり、心から喜んで服従するのである、という意味になる。国民道徳協会の「私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。」という訳にはこのような天皇と国民の関係は意図的に避けたとしか思えないくらい盛り込まれておらず、「道義国家」なるどこにも存在しない言葉を捏造して訳語にしている。これは教育勅語の本意に違う訳ではないか。
 「道義国家」については、問題が大きいので別に論じたい。
ともかく訳としては次のようになるだろう。

天皇である私が考えるに、私と私の子である国民の御先祖様が此の国を造ったのは天照大神以来の神話に由来するものであり、そこで天皇の仁愛を以て国民に徳を植え付けてきたということである。
posted by 新谷恭明 at 23:56| Comment(0) | 研究ノート | 更新情報をチェックする